スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

予定

出来るだけ

映画館を

梯子する

えっと…明日の予定。
9月1日だからさ。
せっかく、休みだからさ。
もう、朝からさ…。

意気込みだけ、取りあえず示しとく…。

スポンサーサイト

2008.08.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

そんな時もある…よね

えっと…。
見に行きました。
えっと…。
『カンフーダンク!』
えっと…。
“メガすげェェェェェー”と、謳われておりました。
監督も、主演のジェイ・チョウも、嫌いではありません。
どちらかと云うと、大好きです。

残念な感じでした…。

ああ…ああ…。
“大好き”って気持ちだけでは、補えないこともあるのね…(T_T)


【“そんな時もある…よね”の続きを読む】

2008.08.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映画(アジア)

結局のところ

私にとっての、“カンフースター”ってことだ。
ブルース・リーでも、ジャッキー・チェンでもなかったんだなぁ。
勿論、二人とも凄いよ。
“カンフースター”を代表する、スターだと思いますよ。
ただ、私にとってのって話。

ジェット・リーなんだなぁ…って。
私にとっての“カンフースター”は、ジェット・リーなんだなぁ…とね。
ジェットって言うか、リー・リンチェイかもしれんww

と、『ドラゴンキングダム』見ながら思ったこと。

追伸
原題の『THE FORBIDDEN KINGDOM』は、『禁忌王国』って訳されてたけど…。
なんで、邦題は『ドラゴンキングダム』なの?

2008.08.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 映画(洋画)

カタカナダカラ

映画館で映画を見たいなぁ…と。
夏休みと、ポニョで混んでいるであろう、映画館へね。

久しぶりに映画館に行こうかと、上映ラインナップを見てて、ふと思ったこと。
目に入ってきたのは『ダークナイト』。
バットマンシリーズ最新作。
色々なところで、好評を聞くのも相まって、これは見ないとなぁ…とは思ってる。
若干、バットマンを忘れがちなところが…引き止めてるんですが。

そんなこと思いながら、これは疑問にも思っていなかったこと。

『ダークナイト』って…“dark night” じゃないのね。
“dark knight” なのね。

日本語で…カタカナで表記されると…疑問に思いもしなかった。

うっかり、『闇夜』だと思ってた。
ほんとは、『闇の騎士』なのね。

気がついてよかったよ…。


【“カタカナダカラ”の続きを読む】

2008.08.22 | | Comments(2) | Trackback(0) | 日記

今日の1枚

唯一無二

『Meteora』 Linkin Park

2000年メジャーデビューの、アメリカはL.A.のバンド。
ジャンルは…何ですかねww
色々な分け方をされているバンドなので…。
私はロックだと思ってますが。

使われてる音楽が多様で、ヘビメタもあればラップもあるし、打ち込みやサンプリングも多いんで、ヒップホップな感じもある。
ロックボーカルだけど、シャウトしてるし、ラップあるし。
でも、作られてる音楽のレベルは高いと思う。
何でもありのように感じるけど、その“何でもあり”を、上手く組み合わせて出来てると、私は思う。
このアルバムは2ndでして、3ndになると、若干感じが変わるけど。

何にしろ、かなりの頻度で聞いてるアーティストであることに、変わりはないww
私は、かなり好き♪





2008.08.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 音楽

アイドルではないけれど

宮崎哲弥に夢中です(笑)。

友達に言ったら、「どうでもいいよ…」って言われましたがww

まあ、そうだろうよww

夢中といっても、著書を読み漁ってるわけではないけど。
メディアに於ける宮崎氏に、きっと夢中です。

…たぶん、きっとねww

2008.08.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

63年と云う時間

戦争の経験は無い。
経験したいとも思わないが。

私の父は、戦中生まれだ。
戦中と言っても、歴史的には終戦に近い戦中だが。
親が戦中生まれだと言うことは、私の世代では珍しい。
同級生の両親は、大抵が戦後生まれだ。
これは、うちの父の結婚が遅かった為の、偶然の産物。

戦争を知らない。
世界中で起こっている戦争も、メディアで知るだけの出来事だ。
実感はない。
でも、戦争が他人事だとは思わない。

小さい頃から、第二次世界大戦の話は沢山聞いた。
祖父と、祖母と、他にも沢山の戦争体験者から。
聞きに行ったわけではない。
言い方が悪いが、聞かされて育った。
教科書に書かれていることも、書かれていないことも、教科書とは違った出来事も。
勿論、語り手それぞれに、それぞれの思いはある。
だから、語る人によって話の内容に違いはある。
でも、一つだけ変わらない共通点。
二度とご免だと、口をそろえて言う。

戦争を知らない。
戦争を体験せずに生きていられることは、幸せなことだと思う。
でも、戦争が悲惨であることは、自分が生きている年数と同じぐらい、聞かされ続けた。
怖くて、怖くて仕方がなかった戦争の話。
怪談話なんかの比じゃない。
話を聞いた日は、怖くて眠れない。
何度となく泣きながら、母の布団に潜り込んだ。

よかったと思う。
聞かされ続けて、良かったと思う。
戦争が起こっていない国に暮らせていることが、この平和が、私にはありがたく思える。

“経験の記憶”が、少しずつ減っていく。
63年。
生まれた子供が還暦を迎えている。
“記録の記憶”が、どんどん増えていく。
もし私が、今生まれた子供で、戦争の話を全て、記録で知ったとき…私は今と同じように、平和であることに感謝出来るのだろうか?
歴史の教科書で学ぶ、戦国時代や第一次世界大戦は、実感の出来ない遠い昔の出来事でしか無い。

平和は…記憶は…経験によって刻まれることは…いつまで続けられるのだろう。

2008.08.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

そこはおさえたほうが…

サラリーマンの会話。
電車の中でのね。
二人のサラリーマン。
年齢は…50代と40代…かなぁ?
まあ、いいや。

最近よく、試写会に当たるそうでして。
年上のサラリーマンがね。
新聞に掲載されてる試写会情報を見て、せっせと葉書を書くそうな。
そうよね。
応募しないと、当たらないものね。
せっせと応募するってことに、先ず脱帽です。

でね、どれぐらい当たってるか!!って話しになってました。
せっせと送ってるわけだから。
そしたらなんと!!
新聞に掲載の試写会だけに応募しているのかと思いきや!!
雑誌の『ぴあ』あるでしょ?
あれに掲載されてる試写会葉書も、せっせと書いてるそうでして…。
いやぁ・・・さらに脱帽ですよ。


【“そこはおさえたほうが…”の続きを読む】

2008.08.11 | | Comments(2) | Trackback(0) | 日記

平和ですよww

呉建豪

Happy Birthday!! Vanness☆

ああ、芸能人の誕生日を祝うよww
しかも、古い写真で祝うよ。
ああ…平和ですね。
取りあえず、今日は平和でした♪

素敵な30代になりますよう☆
30代のあなたに、大いに期待しますww

勝手にねww

2008.08.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 好きなもの

平和を願うと云うこと

なぜ、核を所持していることを、切り札のように云うのだろう。
なぜそれを、恥ずかしいことだと思わないのだろう。
投下された広島は、犠牲になって世界中に、核の恐ろしさを知らせたことになる。
今、所持されている核は、広島に投下された原爆の比ではない。

平和の祭典が始まる。
各国に、それぞれの問題はある。
問題が無くなることは、おそらく難しい。
それが大きなものでも、小さなものでも。
でも、どうしても腑に落ちない。
平和の祭典である。
核は決して、平和の象徴ではない。
所持している国を開催国の候補に入れること自体が、矛盾を感じて仕方がない。

勿論、個人の見解として片づけられる。
片づけられてしまう。
間違っているのだろうか?

この世に生れて、初めて“戦争”と云う言葉を、出来事を知ったとき、怖くて眠れなくなった。

昔の出来事ではない。
確実に、核兵器が存在している。

平和を、願わなくてはならないと云う現状が、とてつもなく恐ろしい。
それでも、切に願う。
平和であれと。

2008.08.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

体感

東京に、出向いておりました。
しかし、どうせ室内での仕事。
東京だろうが、大阪だろうが、見えてる風景に変わりはない。
帰るところが、自宅でないというだけ。
そして、ホテルの近くとかで呑んでるから、心おきなく呑めるだけww
これはまぁ、特典ですわなww

あ、そうそう。

涼しいのね、東京。

大阪との比較ですけど。
東京の人にとっては、きっと、暑い日々よね。
でも、大阪はもっと暑かった…(T_T)
帰ってきて、一番げんなりした。
こんなに…暑かったのね…大阪ってば…(T_T)

爽やかな朝、カムバック!!!

2008.08.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

«  | HOME |  »

黒(ぶら)っく さくら

プロフィール

らう

  • Author:らう
  • これと言って珍しくも無く。
    御見苦しい駄文の集まりです。
    御気に召しましたら、ごゆっくり♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。