スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

最近は パートⅡ

この漫画家が好きです。

20070627032028.jpg

『アウトサイダー』 田邊 剛

不気味ですねww
不気味ですよww
だから手に取った気もします。
勿論、それだけではないのですが。


画力が凄いです。
決して軽くないタッチです。
好みもあると思います。
でも、凄いと思いました、この人の画。

もともと手に取った理由は、H.P.ラブクラフトの『アウトサイダー』とチェーホフの『中二階のある家』、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』が漫画になってるから。
チェーホフもゴーリキーも、知ってる人は知ってると思うけど、さらりと読むとわかりにくい話が多いのですなぁ。
しっかり読んでも、いまいちしっくりこなかったり。
でもそれは、日本人には、ロシアの状況を文章から想像し難いから、わかりにくいのかなぁ…と思ってます。
私はですけど。
画で見たいけど、中々漫画にならない作家やし。
それに、画力がかなり必要なんだろうなぁ…とも思ったし。
でも、田邊剛は凄かった。
原作の雰囲気がそのまま残ってた。
これは、出来そうで中々出来ないことだと思いますよ。

ラブクラフトは“クトゥルフ神話”と呼ばれる架空の神話体系のSF、ホラー小説の創始者です。
ラブクラフトの作品だけなら“ラブクラフト神話”とも呼ばれますが。
とにかく、怪奇幻想小説なので想像し難い!!
怪奇が日常に無い上に幻想だからねwww
想像し間違えると、全く面白くなくなるからねww
まぁ、面白いんだけど。
でも、これがまた漫画になると、よく出来てるんだなぁ。
ビックリしたもんなぁ。
画になったことでわかりやすくなってるし、これも原作の雰囲気とか壊れてないのよねぇ。
もちろん、個人の感想ですけどww

原作によって画の雰囲気が変えられるって、凄いと思うよ。
勿論、同じ人が描いてるから、似てないことは無いけど、それでも、話し変わっても全部同じ画の漫画家だって多いわけで。

物語を作り出す力は確かに必要だけど、画力もやっぱり、必要不可欠だと、改めて思いました。
面白い話は腐るほどあるもの。
それを原作に漫画にしたって、いいのさ!!

これも良かったら…。

2007.06.26 | | Comments(0) | Trackback(1) | 漫画

コメント

コメントの投稿


秘密にする

トラックバック

http://rauryu.blog5.fc2.com/tb.php/404-e753273f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クトゥルフ神話クトゥルフ神話(クトゥルフしんわ、Cthulhu Mythos)は、ハワード・フィリップス・ラヴクラフトの描いた小説世界をもとに、ラヴクラフトの友人である作家オーガスト・ダーレス等の後の作家たちによって作り上げられた架空の神話体系。クトゥルー神話、ク・リ

2007.10.09 | SFフリーク集合!

«  | HOME |  »

黒(ぶら)っく さくら

プロフィール

らう

  • Author:らう
  • これと言って珍しくも無く。
    御見苦しい駄文の集まりです。
    御気に召しましたら、ごゆっくり♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。