スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

あっという間の“あ”の時間

先日、と言っても、二週間以上前の話ですが。
近所で火事がありました。
近所と書きましたが、近所なんてもんじゃないです。
はす向かいのお家が火事でした。

あっという間に家が一軒燃えてなくなりました。
あっという間です。

誰かが叫んでる声が聞こえて、ベランダに出たら火が上がっていて。
携帯電話を探しに部屋に戻ったら、サイレンの音が聞こえて。
誰かが既に通報してる事に安心して。
道路を挟んでいたのと、風もなかったので、私は避難しなくても大丈夫と言われ。
そうなるとあれです。
消火、救出活動はプロの人に任せて、観察です。
…自分の安全を確認できると、人ってそんなもんです。
被害にあってるお家や住人には悪いのですが…。



3階に住んでいるので、物凄く色々見えました。
消防の人たちの無駄のない動きとか、警察の人たちの誘導とか。
救急隊員の迅速さとか。
無線のやり取りも、隊員たちのやり取りも、全部聞こえるし全部見えるのです。

野次馬が、どれだけ邪魔のなのかも、

はっきりわかりました。


凄い邪魔なのね。
訓練されている人たちの行動を、訓練されていない人たちが遮るのね。
危険だからって止めに入る警察とかの前に出ようとするのね。
ホース捌く消防隊員の横とかに、平気で立つのね。
しかも、自分が邪魔をしてるって自覚なく。
自分が危険だということも自覚なく。

何も出来ない自分が、悲しいと思いました。
でも、プロの人たちの中では、何もしないことが一番の協力だとも思いました。

あっという間の“あ”の時間は、およそ1時間。
時間にしたら短くないけど、あっという間でした。
普段なら、1台でもうるさいと感じる消防車のサイレンが
何台も集まってるのにうるさいと感じないぐらいには
恐怖心が勝ってた。

そんな出来事。

2014.03.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 思うこと

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

黒(ぶら)っく さくら

プロフィール

らう

  • Author:らう
  • これと言って珍しくも無く。
    御見苦しい駄文の集まりです。
    御気に召しましたら、ごゆっくり♪

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。